ホテル

【Hilton】【MARRIOTT】【HYATT】ヒルトン・マリオット・ハイアットも4月末まで宿泊キャンセル料が免除

先日IHGグループが、コロナウイルスの影響を考慮して、世界各国のホテルでキャンセル料の免除と上級会員資格の基準緩和を発表しました。

【IHG】4月末まで全ホテルの宿泊キャンセル料が免除&エリート会員資格基準の緩和

インターコンチネンタルホテルなどがあるIHGグループは、昨今のコロナウイルスの影響を考慮して、4月30日までの世界各国のホテルでキャンセル料の免除することが発表されました。 1月ごろから中国本土や香港 ...

続きを見る

他のホテルチェーンも同様の対応を行うことが発表されました。

 

1.ヒルトン

ヒルトングループは4月30日までの予約分と新規予約が到着24時間前であれば、変更不可の予約であっても無料で変更やキャンセルが可能となります。

これまで政府による渡航制限の影響を受けた地域が対象でしたが、ヒルトングループも対象範囲が広くなりました。

また2020年3月12日から5月31日までの間に失効する予定のポイントの有効期限が一時的に凍結されます。

さらにまだ詳細は決まっていないですが、2021年の会員資格条件も更新されるようです。

詳細はこちら

 

2.マリオット

マリオットはすべてのホテルについて、制約条件付きの予約を含め4月30日までに手続きが行われていた場合、到着予定日の24時間前までは、キャンセル料なしで変更・キャンセルを受け付けます。

また新規予約も4月30日までに手続きが行われていた場合、到着予定日の24時間前までは、キャンセル料なしで変更・キャンセルを受け付けます。

なおポイント有効期限や会員資格についての発表は本日時点ではありません。

詳しくはこちら

 

3.ハイアット

ハイアットは、3月13日までに予約・手続きが完了している3月14日から4月30日までの全ての予約は宿泊24時間前までの変更、キャンセルについてキャンセル料を免除。

これから新規予約分についても宿泊24時間前までの変更、キャンセルについてキャンセル料を免除。

3月8日までに予約・手続きが完了している、返金不可の"アドバンスレート"予約でかつ6月30日までの滞在予約に対して、宿泊24時間前に変更、キャンセルを決定した場合、諸条件が確認された場合に「ワールドオブハイアット」10,000ポイントを受け取ることができる。

ポイントの失効期限を2020年5月31日まで延長(通常は24か月利用が無い場合ポイント失効)

2020年3月22日に予定していた「オフピーク&ピークポイント」の導入を2021年まで延長。2020年の無料宿泊特典のポイント交換は、引き続きスタンダードポイントの利用。

アジア太平洋地区の会員を対象に「エリート会員資格」の延長(2020年2月に決定済み、今後対象範囲が広がる可能性あり)

詳細はこちら

 

4.最後に

先週のパンデミック発表後、欧米を中心に急速に感染者が増えており、感染者拡大防止のためドイツやポーランド、香港、マレーシア、シンガポールなどが入国制限または一定期間強制検疫隔離することが決まっていて、今後海外渡航が非常に厳しい状況になっています。

航空会社やホテル業界、旅行業界は大打撃を受けています。

 

一日でも早く平穏な日がやってくることを祈るばかりです。

-ホテル

Copyright© Mr.minesanのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.