デジタル・ガジェット

Docomo×ahamoに対抗のSoftbank新プラン「SoftBank on LINE」が登場!

皆さん、こんにちは!Mr.Minesanです。

今月初めにドコモが新料金プラン「ahamo」が発表され、業界が震撼しましたが、Softbankが対応プラン「SoftBank on LINE」を発表しました。

出典:Softbank HPより

 

「Softbank on LINE」の特徴と「ahamo」と比較してみます。

 

 

1.料金は同じ2,980円、5Gも使える

料金は「ahamo」と同じ月額2,980円(税抜き)!

4Gと5Gの両方が使え、5分以内の国内通話無料(ここも「ahamo」と同じ)

 

2.LINE通信はノーカウント

データ通信量も同じ20GB。

しかし「ahamo」にはない「Softbank on LINE」独自サービスとして、

LINEの通信がノーカウント!!

「LINEトーク」や「LINE通話」などが対象のようですが、LINEヘビーユーザーにとっては嬉しいサービス。

 

 

3.eSIMにも対応

またeSIMにも対応する予定で、iPhoneのように「nanoSIM+eSIM」のデュアルSIMの端末で2回線目として使う事が可能。

 

4.LINEモバイルは新規受付終了?

「SoftBank on LINE」が発表になってから「LINEモバイル」が受付終了するのでは?と一部報道がありましたが、「LINEモバイル」のプレスリリースでは、

・新ブランドサービス開始後も引き続き利用可能。

・新規受付はまだ協議中で決定していない。

とのことです。

 

5.まだ未発表な事が多い

SMSやキャリアメールの扱いなどまだ未発表な事が多く、これから随時公開されていくでしょう。

 

ahamo Softbank on LINE
開始予定 2021年3月 2021年3月
基本料金(税抜) 2,980円 2,980円
月間データ容量 20GB 20GB
データ容量超過後の速度 最大1Mbps 最大1Mbps
ネットワーク 4G/5G 4G/5G
データ容量追加 500円/1GB 500円/1GB
通話料 国内5分以内無料
超過後は30秒毎20円
1,000円/月でかけ放題
国内5分以内無料
超過後は30秒毎20円
1,000円/月でかけ放題
SMS(国内) 1通3円 未発表
事務手数料 無料 同ブランド(Softbank・Yモバイルは無料)
MNP料金 無料 同ブランド(Softbank・Yモバイルは無料)
キャリアメール 不可 未発表
テザリング 未定 未発表
その他 海外ローミング対応 LINEがノーカウント
eSIM対応

 

あとiPhoneを日本で初めて導入した「Softbank」ですが、iPhone対応可否についてはなにも触れられてませんでした。

恐らく対応してくると思われますが、動向が気になります。

 

6.デメリット

デメリットも「ahamo」同様、

・ショップなどでの対応が不可。
WebかLINEアプリでの手続き。

・「おうち割」などの割引が適応されない

・「Yモバイル」の立場が微妙

 

7.auはどうするか

3大キャリアの「docomo」と「Softbank」が新プランを発表して、1人置いて行かれた「au」。

特に「ahamo」発表して直後の新プラン発表で炎上してしまいましたが、対抗プランの発表が待たれます。

-デジタル・ガジェット

© 2021 Mr.minesanのブログ Powered by AFFINGER5