デジタル・ガジェット

ドコモ新プラン「ahamo」のメリットデメリットは?

皆さん、こんにちは!Mr.Minesanです。

ドコモが新料金プラン「ahamo」が発表されましたが、これが業界震撼する内容でした。

この「ahamo」のメリットとデメリットを調べてみました。

出典:ドコモHPより

 

 

1.メリットがたくさん

①料金が安い

料金はなんと2,980円(税抜き)!!

出典:ドコモHPより

 

しかも5Gも使えてこの価格は半端ないです。

 

②楽天モバイルも敵ではない

他社と比較しても、業界最安値を謳っていた楽天モバイルと遜色ないプランになっています。

ahamo 楽天モバイル
月額(税抜き) 2,980円 2,980円 ※1
データ通信量 20GB 無制限 ※2
通話かけ放題 5分まで 無制限 ※3
電波 4G/5G 3G/4G/5G ※4
テザリング (未定)
国際ローミング 82か国 66か国
キャリアメール なし あり
データ通信制限時速度 1Mbps 1Mbps

※1:キャンペーン期間中、申し込みから1年間は無料
※2:楽天回線エリアは無制限、パートナー回線エリアは月5GBまで
※3:アプリ利用時の通話のみ
※4:5Gは別途申し込みが必要

楽天モバイルはデータ通信量無制限や通話かけ放題などがありますが、上記のような制約があり、かつまだまだエリアも狭い。

現状では同じドコモ回線を利用する「ahamo」が有利!

 

③申し込みなどはネットのみ

契約申し込みや契約変更、問い合わせなどが全て「オンライン」と「チャット」のネットのみとなり、ドコモショップや電話での問い合わせができません。

ドコモショップや電話口で長時間待つことは無くなりました。

 

 

2.デメリットはやはりあった

一見メリットだけありそうな「ahamo」ですが、いくつかデメリットもありました。

 

①各種割引が使えない

「ファミリー割引」や「ドコモ光セット割」などの各種割引が使えません。

そのため2,980円より安くなることはありません。

 

②家族内通話無料もなくなる

「ファミリー割引」が適応されないので、家族内通話も無料ではなくなります。

5分以内であれば無料ですが、それ以上は通話料がかかってしまいます。

 

③キャリアメールがない

ドコモ回線ですが、ドコモのキャリアメール(~@docomo.ne.jp)がありません。

Gmailなど普段使っている人はあまり影響ありませんが、ずっと使っている人には同じドコモ回線ですが、メールアドレスがなくなります。

 

④手続きがオンラインのみ

メリットの方でもあげましたが、手続きがオンラインのみとなりました。

またサポート窓口の電話も使えないので、普段手続きに慣れていない高齢者の方にはハードルが一気にあがります。

 

⑤3Gが使えない

4G・5G回線のみとなり、3G回線が使えません。

都心部では問題ないですが、山岳地帯や海上などでは使えない可能性があります。

 

⑥契約年数がリセットされる

同じドコモですが、契約年数がリセットされるようです。

長期契約で「プラチナステージ」の人もリセットにされてしまうので「dポイントクラブ」の特典が受けられなくなります。

 

3.MVNOから乗り換えにはおすすめ

4台キャリアとは別にMVNO利用者には「ahamo」への乗り換えはおすすめ。

MVNOは値段が安いのと引き換えに回線品質があまりよくないが、「ahamo」はドコモと同等の回線品質の上データ通信量も20GBと多い。

今後対抗して値下げしていくキャリアもあると思うが、回線品質が変わらない限りは乗り換えた方がいいでしょう。

 

4.申し込みは2021年3月から

「ahamo」への申し込みは2021年3月からオンライン限定で開始されます。

注意すべきは既存のドコモユーザーでも5月まではMNP手続きになる(解約金・手数料は無料)。

 

5.他社は追随するか

「ahamo」発表から数日後、さっそく日本通信さんが対抗プランとして、20GBで月額1980円の新プラン発表しました。

出典:日本通信HPより

直球過ぎるプランで逆にかっこいい!

詳しくはこちら

auやsoftbank、他のMVNOも対抗プランが発表されると思われるので今後も目が離せないですね。

-デジタル・ガジェット

© 2021 Mr.minesanのブログ Powered by AFFINGER5